自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

船に乗りながら狩猟はできるの?

投稿日:

2020-10-31 No.637

どうも、北海道十勝のハンター モーリーです。

ボートを一艇、カヌーを二梃持っています。

冬を迎えるにあたり
春夏に使ったボートやカヌーを
末永く使うため、
清掃と乾燥作業をしています。

ブログでは紹介できていませんが、
時折ボートやカヌーに乗ります。

まれに
地元の少年団のボート体験などの際に
操船の仕事も来ることもあります。

ボートやカヌーに乗り
川や湖からの視点で陸上を眺めると
普段とは違う視点で自然を眺められます。

今回はボートの清掃の仕方、
そして、
船舶に乗りながらの狩猟について
お届けします。

 




 

ボートの清掃管理

春・夏と使ったボートには
隙間に砂や水が入り込んでいます。

川からそのまま袋に入れて
物置に置いてしまうので、
シーズンの終わりの晩秋に
しっかりと清掃と乾燥させる作業を
毎年しています。

 

ボート

[2020.10北海道十勝 ゴムボート]

空気を入れる前のゴムボート。

 

ボート

[2020.10 ゴムボート 日に当てて乾燥中]

空気を8割ほどいれて
中の砂を落とします。

汚れている部分も
タオルで綺麗にします。

 

ゴムボート

[2020.10北海道十勝 ゴムボートの裏面も日光に当てる]

裏面にも日光を当てて
夕方までしっかりと乾燥させます。

あとは袋に入れ、
来春まで倉庫に置いておきます。

 




 

ボートに乗りながら狩猟はできるの?

エゾシカ

[2019.8北海道上川 フキを食べるエゾシカ]

カヌーに乗っていると
時折、野生動物を見かけます。

漕ぐ音は静かですし、
川から人が来ると思っていないのか、
エゾシカ等がカヌーの私に気が付かずに
そのまま草を食べているシーンに出くわします。

距離も20-30mほどでしょうか。

「このタイミングなら撃てるなぁ。」
などと思いながら眺めています。

ちなみに
キツネたちは勘が鋭いのか、
すぐにこちらに気が付きます。

 

 

船の場合は5ノット未満まで可能

船に乗りながらの狩猟や駆除は可能です。

ただし、条件があります。

【飛行機や自動車など動いている乗り物からの発砲禁止(船の場合は、5ノット未満まで可能)。】

と、いうものです。

調べてみると、
これは鳥獣法(鳥獣の保護及び管理
並びに狩猟の適正化に関する法律)
に定められている訳ではなく、
狩猟をする際の規則的な位置付けのようです。

私の見落としかもしれませんが、
鳥獣法を全部読んでも書いていませんでしたので。

詳しい方がいたら教えて欲しいです。

 

私はボートに乗りながらの狩猟は
転覆するのが怖いので
やったことはありませんが、
今度試してみようかと思います。

その時はここでご報告差し上げます。

 

一ノットの速さ

1ノットは1時間に1海里(1852m)進む速さの単位です。

1ノット=1.852km/h、
5ノット=9.26km/hなので、
時速9kmまでなら船の上からも狩猟は可能です。

時速9kmはジョギングくらいのスピードです。

 

下の動画は上記のボートではなくカヌーの動画です。

このスピードが5ノット程度でしょうか。

シーズンの初めは近くの札内川で
このように練習をするようにしています。

こんな感じでのんびり下っています。

貴方も十勝に遊びに来た時は
一緒に川下りに行きましょう。

オススメは札内川と歴船川。

心がリフレッシュします。

興味があるなら
このブログの問合せから連絡くれれば
お連れすることもできるかもしれません。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, アウトドア
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.