自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

散歩道 銀世界に様変わりした北海道十勝平野と冬の山

更新日:

 

スポンサードリンク

 

 

2015-11-28 No.34

冬の散歩道

ここ数日は雪が降り道も悪く、散歩に出られませんでしたが今日は快晴十勝晴れ。
一面の銀世界に変わった北海道十勝を紹介します。

 

 

 

autamun mountains「11月16日に撮影した十勝晴れの風景」

wintermoutains「11月27日に撮影した十勝晴れの風景」

秋の深まる景色から、わずか10日間でいきなりの冬景色へと変化してしまいました。
この風景を来年の3月頃まで見ることになるのでしょう。

 


スポンサードリンク



 

冬の山

wintermoutains「散歩の途中に姿を見せてくれる美しい日高山脈の峰々」

今は冬山を登るための装備も色々とありますが、1000-2000年前は装備はありませんでした。
その当時はこんな山の姿を見ていると、とても登ってやろうなどと思えなかったと思います。
そもそも、十勝平野は密林で覆われており、地上から山を見ることができたのでしょうか。
山の姿を見ることすら困難であったのかもしれません。
神々が山にいると信じるに足る状況であったと思います。

冬の山に挑戦できる私たち

winterhidakamt「日高山脈と電線」

今は山登りも盛んで、冬山に挑戦する方も沢山います。
それはあくまで現代の山の装備が充実していて、かつ現代の社会が豊かであるからこそです。
そのような挑戦をする余裕を私たちが文明(山の装備と経済的に余裕のある社会)から享受しているからなのです。
その余裕はどこから生れるのでしょうか。

石油を掘り運び、電気を作り、冬も暖かく、スケートリンクの隣でテニスをし、車で美味しいランチを食べに出かけ、世界をWEBで結び情報を共有している。
今の私(たち)は文明の頂点にいます。

次に何を目指しましょう。
私は考え中です。

とりとめない文章になってしまい、申し訳ありません。

心配していたエゾリスも無事なようです。

redsquirrelonsnow

したっけぃ

 

 


スポンサードリンク



 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 哺乳類
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.