自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

オジロワシの見つけ方 白い尾っぽ探しと北海道道東の海岸線ドライブへ

更新日:

2021-02-26 No.692

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

阿寒国立公園ヘ行ってきました。

目的はドライブと温泉、
動物たちの撮影と
ヒグマの冬眠状況確認です。

今回はドライブの途中で
一羽の若いオジロワシに出くわしました。

見つけ方や
オジロワシの様子を
お届けします。

 

オジロワシの見つけ方

見つけ方

オジロワシ

[2021.2北海道阿寒国立公園 木に止まる若いオジロワシ カメラレンズ70mm]

オジロワシはこのような感じで
木に止まっています。

まだ若い個体なので、
明らかにオジロワシ!という
風態ではありませんが、
くちばしの先が黒かったり
くちばしの色が薄い黄色だったりが
オジロワシの特徴になります。

 

遠くから見ると
トンビのようにも見えますが、
目をこらすと白い尾が見えます。

北海道道東をドライブの際は
白い尾をポイントにして
オジロワシを探してみてください。

大きさもトンビよりも
一回り以上大きいので
何か違和感を感じるワシがいたら
オジロワシの可能性があるので要チェックです。

また、
この画像は内陸部で撮影しましたが
海岸線の方が見つけやすいので
オジロワシを見たい方は
海岸線ドライブがオススメです。

 

渡るオジロワシ

オジロワシ

[2021.2北海道阿寒国立公園 木にとまる若いオジロワシ カメラレンズ300mm]

オジロワシは基本的に渡り鳥です。

夏はユーラシア大陸の北の方にいて
冬になるとユーラシア大陸の南側や
北海道に渡ってきます。

なお、
北海道には留鳥として
通年いるグループもいるので、
年中観察することが可能です。

 

それでも、やはり冬の方が
多く見かけますので、
オジロワシを探したいなら
冬の道東ドライブをオススメします。

アイスバーンも慣れれば
案外運転できるもの。

私の東京の友人は
ほぼ毎年北海道に遊びに来ていて、
冬道の運転も慣れた様子です。

 




 

 

オジロワシの飛び立つ様子

オジロワシ

 

オジロワシ

オジロワシ

オジロワシ

オジロワシ

オジロワシが飛び立つ一連の画像です。

惚れ惚れするほどに
美しくカッコ良い鳥です。

美しいもの
格好良いものに触れると、
己もそうありたいと感じるものです。

 

オジロワシのようにあるために
ダイエット頑張ります。

 

関連記事:

オオワシ・オジロワシと猟師たちの関係

オジロワシ 北海道の海岸線近くで出会える偉大な鳥

オオワシやオジロワシが十勝内陸部にいる理由 海と陸を繋ぐもの

 

したっけぃ

 




 

双眼鏡は8倍がオススメです

Nikon 双眼鏡 モナーク7 8×30 ダハプリズム式 8倍30口径 MONARCH 7 8X30

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-鳥類
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.